オフィス家具で働き方改革を始めませんか?

 

こんにちは。長野県の長野市 ・上田市を中心にオフィス環境づくりのサポートをしている長野・上田オフィスづくり.comです。

今回のタイトルの働き方改革についてご存知でしょうか?

メディアでも取り上げられている働き方改革ですが、簡単に目的を言えば、

「労働人口も減っている中で、より労働生産性を上げ日本国民みんな豊かになりましょう」

ということです。

そんな働き方改革のお手伝い、特に「健康で働きやすい職場環境の整備」を長野・上田オフィスづくり.comはご提案いたします!

一例として今回は、オフィスの椅子についてご案内致します。

オフィス用の椅子・・・座ることができればなんでもいいと思っていませんか?

実は、使用目的や体にあった椅子に座ることで体への負担が変わってきます。

まずは座面です。

一番体重がかかる部分になり、体圧を分散させる事で、長時間の作業による疲れを軽減できるものが良いです。

 

イトーキの座面に使われるベンディングシート

 

イトーキ「スピーナチェア」の体圧分散図赤い場所(圧の掛かる場所)が少ない

 

 従来型チェアの体圧分散図赤い場所(圧の掛かる場所)が大きい

 

次に背の部分です。

ロッキング(背もたれが後ろに倒れる機能)や、ランバーサポート(腰への負担軽減のための

機構)など、聞いたことはあってもどうやって使用するのかわからない、機能を知らない方が

ほとんどのだと思います。

実は、これらの機能を実際に使用している人は全体の30%ほどしかいらっしゃらないのが現状です。

しかし、実際にこういった機能を使うことで腰や、背中の負担が変わります。

 

ロッキング機能:背もたれの角度調節をし、業務に最適な姿勢で座ることができる。

 

ランバーサポート:腰への支えを適切な位置で行うことで、背中・腰への負担を軽減できる。

また座り方も重要です。

元々日本人は畳などの床に座る文化を持っています。

西洋文化が流入し、椅子に座る事が当たり前な現在でも、椅子の正しい座り方はまだ浸透しきっていません。

よくありがちなのが、椅子の座の前の方に腰掛け、背筋を90°にするという考え方です。

小学生の時にこういった座り方を指導された方が多いと思います。

ところが、こういった座り方をすると、椅子本来の機能を十全に活かすことができません。

椅子は、背もたれまで奥深く座り、背を背もたれに預ける座り方が疲れにくい座り方になります。

働き方改革として業務効率改善・社員の健康改善のために、まずは椅子選びから始めてみませんか?

長野・上田オフィスづくり.comはお客様の働き方改革としてオフィス改善をサポート致します。

ぜひ、椅子の買い替えがありましたら、ご相談ください。お客さまのニーズに合った椅子をお選び致します。

長野・上田オフィスづくり.comは、長野市・上田市を中心にオフィス家具などのサポートを行っております。

長野市・上田市でオフィス家具のご相談は長野・上田オフィスづくり.comにお任せください。

オフィス家具についての詳細は下記をご覧ください。

オフィス家具はこちら

 

 

長野・上田オフィスづくり.comは、長野市、上田市周辺でのオフィス移転、オフィスレイアウト設計、オフィス内装工事、オフィス家具選定、パーテーション工事に一括対応いたします。お気軽にご相談ください。

長野・上田エリアでのオフィス環境づくりは
お任せください

026-283-1108

受付時間:平日9:00~17:00

長野上田オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】長野エリア、上田エリア
長野県長野市
長野県上田市
長野県千曲市
長野県須坂市
長野県東御市
長野県小県郡青木村
長野県小県郡長和町
長野県埴科郡坂城町
長野県上高井郡小布施町
長野県上高井郡高山村
長野県上水内郡信濃町
長野県上水内郡小川村
長野県上水内郡飯綱町