オフィスのセキュリティ対策でこんな悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 顧客情報や、機密情報の管理体制が不十分だと感じている
  • 個人情報保護法が改正されたので、個人情報の管理を強化したい
  • 自社のレベルにあった最適なセキュリティ対策がわからない
  • プライバシーマークやISO取得のための物理的安全管理対策を実施したい
  • 長野エリアや上田エリアでオフィスのセキュリティ対策を頼める会社を知らない
  • マイナンバーの管理を強化したい

長野エリア、上田エリアでのオフィスセキュリティ対策は長野・上田オフィスづくり.comにおまかせください

昨今、個人情報の取り扱いや取引業者間で交わされる機密情報の取り扱いに関するセキュリティ対策は非常に重要性を増しています。特に公的機関や大手企業、インフラ関連企業では情報の取り扱い方法が厳しく管理されており、このような組織機関や大手企業と取り引きを始める際には、自社のセキュリティ対策が厳しく検査される時代になりました。もし、情報漏洩を起こしてしまうと、信用が失墜し、経営にも大きな影響を与えかねません。いまや情報はヒト・モノ・カネと同じくらい企業にとっては大事なものであり、適切に管理し、運用しなければいけません。また、情報漏洩に関しては、社員だけでなくオフィスに出入りしているパートナーも含めたセキュリティ対策が必要です。例えば、機密情報を厳重に管理する方法として、IC認証付きロッカーや鍵付きロッカーを導入し、特定の人以外は機密情報に触れさせないようにすることも有効です。他にも第三者に機密情報を覗き見されないようにオフィスレイアウトを工夫することも重要です。長野・上田オフィスづくり.comでは、このようなセキュリティに強いオフィスづくりもご提案していますので、お気軽にご相談ください。

オフィスのセキュリティ対策メニュー 一覧

  • セキュリティを考えたオフィスレイアウトオフィスのセキュリティ対策を考える上で重要なことは、セキュリティを考えたオフィスレイアウトの設計です。例えば、受付や執務室、応接室、会議室、喫煙室などは利用する人や用途別に分けて下の図のようにゾーニングします。受付や待ち合いスペースは外部の人間も多く出入りするので、その付近には資料収納庫などはおかず、機密情報が覗き見されたり、持ち出されないように適切な場所に配置しましょう。
    • ゾーン①…お客様や取引業者が利用するエリア
    • ゾーン②…お客様と社員が利用するエリア(打ち合わせスペースや、応接室など)
    • ゾーン③…社員しか利用できないエリア(会議室や、執務室など)
    • ゾーン④…特定の担当者しか入ることができないエリア(社長室や、サーバールームなど)
    ゾーン①はお客様や取引業者が頻繁に利用するエリアとし、ゾーン②は打ち合わせや応接室などお客様と社員が利用するエリア、ゾーン③は社員のみが利用し、社内会議など社外の人は原則入れないエリア、ゾーン④はマイナンバーや現金を取り扱う特定の担当者しか入れないエリアと区分けすることで、セキュリティに強いオフィスレイアウトを作ることができます。
  • パーテーションを利用した機密情報の覗き見防止対策オフィス内には社外の人に見られてはいけない顧客との機密情報や、社員であっても特定の担当者しか見せたくないマイナンバーや社員の給与情報など、数多くの機密資料があります。このような情報はパーテーションを利用し、担当者以外の人から簡単に覗き見されないようにしておくことをおすすめします。長野・上田オフィスづくり.comでは、長年の経験からお客様のオフィスにあった最適な物理的安全管理対策を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。
  • 資料収納庫のセキュリティ対策皆さんは機密情報が記載された資料をどのように保管していますか?多くの会社ではキャビネットやワゴンに入れて保管していますが、セキュリティ対策は万全でしょうか?自社が保有している資料を盗む人はいないから大丈夫!と考えている方は非常に危険です。なぜなら、退職を考えている社員や、オフィスに頻繁に出入りしている外部の会社の人が資料を持ち出し、第三者に転売する事例が実際に発生しているからです。このような事例は機密資料を収納しているキャビネットやワゴンに鍵をかけたり、ICカード認証などを活用し適切に管理することで未然に防ぐことができます。
  • 入退室管理システムを活用したセキュリティ対策サーバールームや社内の機密情報を管理している部屋には入退室管理システムを導入し、セキュリティレベルを強固にしておくことをおすすめします。一昔前までは入退室管理システムは非常に高価なイメージがありましたが、最近では安価なものが出ており、中小企業でも導入しやすくなりました。入退室管理システムの導入で担当者外の人の侵入を防ぐとともに、入退室のログも取れるので、もし情報漏洩が起きた場合でも原因の特定ができるので、セキュリティレベルの強化に大きく役立ちます。
  • 防犯カメラを活用したセキュリティ対策防犯カメラは休日や夜間などの防犯対策に非常に効果的です。最近では、オフィスや工場に設置する企業が増えてきました。また、防犯カメラの性能は年々高まっており、防犯カメラをテレビ会議に利用したり、スーパーの在庫管理に役立てたり、接客サービスの向上に役立てたりなど、セキュリティ以外の用途でも活用できるようになりました。防犯カメラの活用事例について詳しく知りたい方は、防犯カメラページに詳細を記載していますので御覧ください。
  • 機密書類の廃棄近年、機密情報の取り扱いに関して世間の目が厳しくなっており、情報漏洩を起こすと企業の信用の失墜につながるようになりました。機密情報の管理も重要ですが、同時に機密情報の廃棄も重要になっています。機密情報の廃棄はシュレッダーを使用して細かく裁断した上で廃棄したり、溶解して廃棄するなど、廃棄した資料から情報が漏洩しないようにしておきましょう。長野・上田オフィスづくり.comでは、機密書類の廃棄も代行していますので、お気軽にご相談ください。
  • 社員のセキュリティ教育セキュリティレベルの強化を考える上で、社員のセキュリティ教育も非常に重要です。例えば、機密資料を保管する場所にセキュリティ対策を施したとしても、社員のセキュリティ意識が低いがために情報を漏洩してしまっては意味がありません。セキュリティは社員一人が理解していれば良いというわけではなく、会社全体として全社員が同じセキュリティ意識で取り組む必要があります。

オフィスセキュリティのご相談の流れ

1まずはお気軽にご相談ください。
現状のセキュリティ対策と、課題をお聞かせください。セキュリティ対策のお見積りやご相談は無料となっておりますので、お気軽にご連絡ください。
2お客さまとのお打ち合わせ(現場調査)
長野・上田オフィスづくり.comのスタッフがお客様のオフィスに訪問し、セキュリティ対策について打ち合わせを行います。この際に現状のセキュリティ対策をヒアリングさせて頂き、最適な対策を提案いたします。
3提案内容の確認、見積の提出
お客様とお打ち合わせした内容をもとにお客様のオフィスにあった最適なセキュリティ対策をご提案させていただきます。また、その際にお見積と実施スケジュールなども確認いたします。
4対策の施工実施
お客様に提案を承諾いただいたら、オフィスのセキュリティ対策を実施します。
5アフターサポート
長野・上田オフィスづくり.comはお客様が安心して私達とお付き合いできるようにアフターサポートにも力をいれています。